どうするウェディングドレス

多くの女性にとって、結婚式=ウェディングドレスと連想してしまうほどウェディングドレスに対する憧れは強いのではないでしょうか。
式は和式で、でも披露宴ではウェディングドレスを、というパターンも、最近良くありますよね。
花嫁さんしか着ることのできない、純白のウェディングドレス。
予算がたっぷりあって、着たいものを何でも選べる、という方もいらっしゃるかもしれませんが、
限られた挙式予算の中で、どのランクのドレスにしようか、それともいっそレンタルにしてしまおうか・・・、と悩む方も多いのではないでしょうか。

そんなときはちょっとネット通販のドレスも覗いてみてはいかがでしょう?
実は私自身がネット通販で購入したドレスを使って、式を挙げたのです。
私の場合、海外挙式だったので、自分でドレスを用意したほうが予算をだいぶ抑えられたこと、
また事前の衣装選びなどのために都内の事務所へ出向く時間が取れなかったことから、ネットで見つけたウェディングドレスを着ることとなりました。

ウエディングフェアなどで目にしたり実際に試着させてもらったりした中で気に入っていたドレスに近いデザインのものを探しました。
色が白なので、なかなか画面上でデザインの詳細を確認することは難しいかもしれませんが、
私が利用したショップの方はすごく丁寧に対応してくださり、購入を決心するまで何度もメールのやり取りをしていただきました。

また、ネットショップでの購入を決める前には、ウェディングドレス販売の店舗にも足を運んでみました。
そこで気に入ったデザインのドレスが希望の予算で見つかったら、ネットではなくやはり実店舗で購入したいと思っていましたが
残念なことに私の欲しいデザインのドレスは予算が合わず断念しました。
デザインを妥協して、予算に見合うドレスを買うことも検討しましたが、やっぱり気に入ったデザインのドレスが着たいと思い、
ネットショップめぐりを始めました。

そして実は穴場なのが海外でのウェディングドレス購入。
ヨーロッパやアメリカなどでは、街中にあるウェディングドレスショップが日本よりも多くあります。
婚前旅行のついでに見かけたら、ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか。
ただ、海外サイズなので、小柄な方だとサイズ選びに悩むかもしれません。
また、寸法のお直しをする場合には数日かかる場合もあるので、滞在期間中に出来上がるかどうかもきちんと確認しましょう。

女性の大切な晴れ舞台、あなたの好みにぴったりなドレスを見つけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です