レンタルウェディングドレス

私が結婚したのは、かれこれもう30年近く前になります。
あまり早い結婚ではなかったので、ドレスに関しても自分なりにこだわりを持ち、海外の雑誌なども時々読んで夢を膨らませていました。
ウェディングドレスもただ憧れの存在として見ている分にはいいのですが、実際に自分が着るとなるとなかなか大変です。
まず費用の問題、そして自分の年齢や体型にあうかどうかなど、クリアしないとならない問題が山積みです。
費用に関しては本当にピンからきりです。ただやはり安くていいものというのはなかなか見つからず、品質と値段は比例するものだなあと
たくさんのウェディングドレスを見ればみるほど思いました。
まだ若くてかわいい年齢であれば、多少安くても若さがカバーしてくれますが、年齢がいってくると、ドレスの品質に助けて貰うことになります。
友達も場慣れしている人たちが多いと余計安物は恥ずかしくて着られません。
私が借りたドレスは素材などは覚えていませんが、式前日から借りて50万から60万円の間だったように記憶しています。
当時は自分も働いていたので、このくらいが相場なのかと思いましたが、今思えば1泊2日のドレスに60万は高すぎました。
当時はネットなどもありませんでしたので、自分がドレスのショップに実際に行ってみるしか選択肢がありませんでしたが、現在のようにネットが発達していれば、国内のいろいろなメーカーの在庫も見られますし、また海外のドレスを取り寄せることもできます。
また先日はデパートの広告でレンタルショップで使用したウェディングドレスを安く売っているのも見ました。
このように現在ではレンタルだけでなく、国内外を含めてのいろいろな選択肢があります。
予算は限られているので、まず自分がどのくらいウェディングドレスに割く予算があるのかを検討し、その予算の中で最高の選択が出来るように勉強すべきですね。
現在海外在住ですが、近くにウェディングドレスの店が結構何軒かあります。
こちらでは街に公園がたくさんあるので、みんなよく公園で結婚式をします。
散歩しているとよくそのような光景を目にしますが、
気候のいい時期ですと同じ公園で3組も4組も結婚式をしています。公園なので下は芝生ですが、レンタルのドレスなどですと汚れを気にしないといけません。
みんなかなり無頓着なので、レンタルではなく自前のドレスなのでしょう。
日本のように結婚式場で結婚というのはほとんどないので、公園でみんなが集まって式をしてそれで終わりというのがほとんどです。引き出物やホテルを借りたりということがない分、実質的にドレスにお金を使えるのだと思います。お国柄ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です