心温まる披露宴の動画

披露宴を盛り上げるのに欠かせないのは、友人たちの歌やパフォーマンスなどの余興と、新郎新婦のこれまでの歩みや出会いなどを伝える動画です。これまで二人がどのような人生を歩んできたのか、ご両親を始めとする家族たちにどれだけ大切に育てられてきたのか、映像を通して伝わるものがあり、とても心温まり、感動します。友人の結婚だと普段の交流から二人の出会いなども知っていることがほとんどですが、親戚の結婚だと出会いなどはもちろん、相手のこともまだよく分からないので、動画を通して相手がどういう人なのか理解を深めることができてとてもいいです。最近は見ている人を飽きさせない、本格的な映像作りがされているので、まるで一本の短篇映画を見たような気になります。作る当事者である新郎新婦は自分達のことなので恥ずかしいこともあるかもしれませんが、おめでたい披露宴の席にさらに花を添えることができます。

披露宴で上映する動画の作成について

最近では、披露宴の余興に一つで動画を上映する事が多くなっています。私も自分の披露宴の時には、生い立ちムービーやエンドロールを自分で作成しました。その時に参考にしたのは、他の人が作ったムービーを真似して作りました。最近では、インターネットで検索するといろいろな人が作成した動画がアップされています。自分の好きな曲と同じものを使っている人がどのような演出を行ったのか、どんな写真や効果を使ったのか等を参考にする事が出来ます。また、コメント欄には使用した効果の名前や、ムービー作成ソフト名が書かれている事があります。他の人が質問した内容なども見る事が出来るので、非常に参考になりました。自分で作成した動画は愛着もありますし、結婚式で出席者の方々に披露出来てとっても嬉しかったです。これからムービーを作る人は参考にしてみてください。

披露宴で流す動画の作成について

披露宴で動画を流す事は、今では一般化されています。しかし、ムービー作成を業者に依頼すると費用が掛かるので、自作する人も多いようです。私も自作した一人です。私は、専用のムービー作成ソフトを新たに購入しました。そのため、掛かった費用はそのソフト代の1万円未満で済みました。業者に頼むとその何倍もすると思います。その分作成するためには、時間が掛かりました。まずは、表示させる社員選びです。私の分、主人の分、2人で映っている写真という基準で選びました。そして、選曲までは順調に進みました。しかし、動画作成は素人ですから、ソフトの使い方を知るための時間が必要でした。また、実際に写真を表示させると、イメージと違っていたりしますので、何度も何度も修正を行いました。自分でパソコンを触るのが好きな人や、時間が掛かっても頑張れる人に向いていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です